RSS
 

サーティーンス ストリート ワイナリー - グラン キュヴェ 2007 /13th Street Winery - Grand Cuvée Blanc de Noirs 2007

数々の受賞歴を誇るサーティーンスストリートのスパークリングの中でも“Grand Cuvée”は、最良年のみ、10年に1-2度しかリリースされない限定生産の品。生産量2400本。瓶内二次発酵


サーティーンス ストリート ワイナリー - グラン キュヴェ 2007 /13th Street Winery - Grand Cuvée Blanc de Noirs 2007

価格:

8,000円 (税込 8,640円)

[ポイント還元 86ポイント〜]
購入数: 本 / bottle(s)

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


名称 グラン キュヴェ
生産年 2007
生産者 サーティーンス ストリート ワイナリー
生産地 オンタリオ州 ナイアガラ VQA ナイアガラ・ペニンシュラ
タイプ スパークリング・白
品種 ピノノワール100%
容量 750ml

テイスティング ノート
鮮やかなレモン色。非常に細かい泡が、切れ目なく立ち昇る。湿った石や青リンゴ、バター、パン生地、トーストの、若々しくフレッシュなアロマ。芳醇で非常にリッチな味わい。酸味は力強く爽やか。クリームやトーストの特徴が前面に出てくる余韻は、長時間持続。

クリームとマッシュルームを添えたヒラメのポシェ、スモークサーモン、生ガキ、白かびタイプのチーズと好相性。推奨提供温度 6℃。

テクニカル・ノート
ナイアガラの2つの最上級畑で育てたピノノワールを使用。手摘みで注意深く収穫し、果実に傷をつけないよう小さな容器に入れ速やかに移動。まずはやさしくプレスした果汁のみを素早く丁寧に抽出し、ステンレス製タンクに入れ一次発酵。発酵終了後は、リンゴ酸由来の酸味を保持するため、低温で保管しマロラクティック発酵を回避。
2007年春に最終的なブレンドを決定。そのワインをイーストやイーストの養分、砂糖とともに瓶に詰めて、瓶内二次発酵。その後48か月以上熟成。2013年3月にオリ引きし、ドサージュ。

評価
ジョン・スザボ氏(マスターソムリエ) 93pts
2006年に続き、2007年のグラン・キュヴェも素晴らしい。2007年の方がかなり暑い年となったにも関わらず、ずば抜けたフレッシュさとピュアさがあり、同時に、芳醇で味わいの奥行きも犠牲にしていない。泡は非常にきめ細かく、繊細。酸味を保持するため、マロラクティック発酵は実施していない。余韻は長時間持続。ドサージュな2グラムの辛口スパークリングであるが、渋さや辛辣さは全くない。味わいは芳醇でジューシーな果実感がある。焼き青リンゴ、ジンジャー、焼きたてのパン、オレンジ、レモン、レモンカスタードの風味が見事に持続。2006年の同時期と比べるとフレッシュさがあり、さらに熟成させることで複雑味が増すことが期待できる。

リック・ヴァンシクル氏 93pts
レモンやブリオッシュ、青リンゴ、焼きたてのパンのアロマに、クリーミーなヴァニラやトーストのアクセント。 しっかりした酸味のある引き締まったスタイルで、きめ細かい泡が口内をくすぐる。新鮮なリンゴやレモンにの味わいに続いて、トースト、カスタード、ミネラル感が現れる、複雑で優れたストラクチャーのスパークリング。今飲んでも楽しめるが、熟成させることでより複雑なニュアンスが引き出されるだろう。

ヴィンテージ・ノート
ナイアガラの2007年は暑く、乾燥したヴィンテージで、非常に健康なコンディションの果実に恵まれた。例年より糖度が上昇し酸味が下がるタイミングが早かったため、適度な酸味を維持しつつアルコール度数を上げ過ぎないために、収穫は早めに実施。

テクニカルデータ
- アルコール: 12.5%
- 収穫時糖度: 18.8°
- 残糖度: 2 g(辛口)
- 生産量: 2400本


Name Grand Cuvée
Vintage 2007
Producer 13th Street Winery
Location VQA Niagara Peninsula, Niagara, Ontario
Type Sparkling, White
Varietal 100% Pinot Noir
Vol 750ml

Tasting Notes
A brilliant medium lemon hue with a very fine and steady bead. The nose is youthful and fresh with notes of wet stone, green apple, fresh butter, bread dough and warm toast. On the palate, the mousse is remarkably rich, fine and mouth-filling. The acid is vibrant and bright throughout and the finish long with stone, cream and toast notes dominating.

An excellent and complex wine ideal for drinking now well chilled (6oC). Classic matches include poached turbot with cream and button mushrooms, smoked salmon, fresh oysters in the half shell and double and triple cream bloomy rind cheeses.

Winemaking Notes
This wine was produced exclusively from Pinot Noir sourced from two of our very best vineyards in Niagara. The grapes were carefully hand-picked in small bins so no fruit damage would result. They were transported immediately to the press where only the first press juice was quickly and gently extracted and moved to stainless steel tanks for primary fermentation. Once complete, the wines were kept cool enough to avoid the onset of malolactic fermentation, thereby preserving the all-important malic acidity which provides the life and backbone to our sparkling wines. In the spring of 2007, the final blend was made and the wine was bottled along with the ‘liqueur de tirage’, a blend of base wine, yeast, yeast nutrients and sugar. The ‘prise de mousse’ was then started and all CO2 created was trapped in the bottle. After the secondary fermentation, the fine yeast remained in contact with the wine for an aging period of more than 48 months. The initial disgorging of this wine took place in March 2013 with a dosage of barely 2 grams of sugar.

Accolades
93 Points - John Szabo, M.S., winealign.com, Oct. 20, 2013
A fine follow up to the exceptional 2006 Grande Cuvée, the 2007 has retained extraordinary freshness and purity in this much warmer vintage, without sacrificing full flavour maturity and depth. The mousse is very fine and gentle; malolactic fermentation was prevented in order to retain the incisive malic acid, which drives through the long finish. Dosage was just 2 grams of sugar, and this is indeed virtually bone dry, yet this is anything but austere or shrill: there's a real sense of richness and fleshy fruit on the palate. Sautéed green apple, fresh ginger, baked bread, orange, lemon, and lemon custard notes linger on beautifully, and this comes across as fresher than the 2006 at the same age, and should continue to gain in complexity over the next 3-6 years, though it's delicious now to be sure. Tasted October 2013.

93 Points - Rick VanSickle, "Wines In Niagara"
A gorgeous and generous nose of lemon and brioche, green apple and fresh baked bread with creamy vanilla and toast accents. It’s built in an austere style with chiselled acidity and a fine mousse that tickles the palate and gives way to fresh apple and lemon flavours. Tertiary notes of warm toast, custard and tangy minerality add to the complexity of this well-built sparkler. Drinking rather well right now but can cellar a wee bit longer to draw out further nuances.

Vintage Notes
2007 was a relatively hot, dry vintage which ensured the fruit remained very healthy but with sugars soaring and acid dropping earlier than normal, we carried a slightly heavier crop and harvested earlier to preserve the all-important acidity and desirable low potential alcohol for this wine.

Technical Notes
- Appellation: VQA Niagara Peninsula
- Vineyard(s): Various
- Grape Variety(ies): 100% Pinot Noir
- Brix at Harvest 18.8o
- Alcohol Content: 12.5%
- Residual Sugar: 2 grams – Brut
- Total Production: 400 cases of six

サーティーンス ストリート ワイナリー - グラン キュヴェ 2007 /13th Street Winery - Grand Cuvée Blanc de Noirs 2007

価格:

8,000円 (税込 8,640円)

[ポイント還元 86ポイント〜]
購入数: 本 / bottle(s)

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ