RSS
 

ピーリーアイランド ワイナリー
〜Pelee Island Winery 〜

五大湖の一つエリー湖上に浮かぶ、ピーリー島に位置するピーリーアイランドワイナリーは、1865年にブドウ栽培を開始、1979年にワイナリーを設立という、カナダでも最も歴史のあるワイナリーの1つ。
ピーリー島はカナダ最南の産地で、小規模ブティックワイナリーが多いカナダの中では、比較的大規模な栽培が行われている地域。ピーリーアイランドワイナリーは550エーカーのブドウ畑を有しており、カナダで最も大きい個人所有の敷地を誇ります。環境に配慮したサステナブル農法を遵守し、ブドウを栽培しているのが特徴です。

カナダの他の産地より温暖で、霜の心配はほとんどありません。土壌は粘土質で、表層から2〜10フィート(数十センチ〜3メートル)の深さに石灰質の基層を形成しています。

ピーリーアイランドワイナリーの醸造家は、マーティン・ジャンズ(Martin Janz)氏。芳醇で果実味のある白、赤、リザーブワインなど幅広く多種にわたるラインナップを有しているのが特徴です。

At 550 acres, the Pelee Island vineyards comprise the largest private estate in Canada. Having control of our grape supply allows us to grow and care for each and every vine to specifications strictly outlined by the World Wildlife Fund's strict Sustainable Vineyard Practice. In brief, this means limited and controlled pesticide spraying and use of a 100% island grown natural fertilizer; sorghum grass.

With heat units and frost free days unmatched anywhere else in Canada, the island is a natural destination for Vinifera grape growing.

Soil type is Toledo clay with a limestone base found two to ten feet from the surface. The ideal vineyards are located at the centre of the island where deeper soils encourage and ensure properly set root systems, as much of the island is concave and below the surface of Lake Erie drainage pipes expel excessive rainfall. This excess water is carried into the island's century old dyke system, carved in the shape of a tic-tac-toe board. In rare times of drought, this dyke system is reversed to pump water through the drainage pipes back into the vineyards.

Winds off the lake ensure consistent and proper air flow through the vineyards, limiting humidity and possible fungus damage. In fact, there is so much wind power on tap that a turbine has been proposed. If erected, it will be able to power all island residents with 100% renewable green energy.

ピーリー島のページへ戻る Back to Pelee Island

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ